Java MySQLに接続するJavaアプリケーションのプログラム。

いよいよ今回はJavaからMySQLに接続します。既にAccessに接続するプロジェクトがありまので、プロジェクトごとコピーして新しいプロジェクトを作成することにします。プログラムは数行変更するだけなので、最小限の変更で済みます。

通常、完成したプログラムのクラス名や変数名、メソッド名を変更するには手間がかかり、ミスも出ます。しかしEclipse のリファクタリング機能を使うと、ほぼ自動的に行なってくれます。

しかも変更したクラスだけでなく、関連する他のクラスも対象となります。とても便利な機能ですので、リファクタリングにも注目して操作してみてください。JDBCドライバの設定もEclipseで行なっています。

今回は以下の2つの作業は済んでいるという前提で解説します。

1.MySQLの準備
2.JDBCドライバの入手

MySQLの操作については、MySQL初心者入門講座 を参考にしてください。


【1】Eclipse を起動します。

java-996.gif

Eclipse の起動直後や作業中に、ダイアログボックスが表示される場合があります。その時はあわてずに閉じてください。


まず既存プロジェクトをコピーして、新しいプロジェクトを作成します。

【2】パッケージ・エクスプローラーで、「sample302」プロジェクトをマウスで右クリックし、コンテキストメニューから「コピー」を選択します。

java-997.gif


【3】パッケージ・エクスプローラーの「何もない白い部分」を右クリックし、コンテキストメニューから「貼り付け」を選択します。

java-998.gif


【4】ダイアログが表示されたら、プロジェクト名に「sample400」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

java-999.gif


【5】新たに sample400 プロジェクトが作成されました。コピーなのでソースコードは同じです。

java-1000.gif


次はプロジェクトにJDBCドライバを設定します。

【6】「sample400」プロジェクトをマウスで右クリックし、コンテキストメニューから「プロパティー」を選択します。

java-990.gif


【7】「Javaのビルド・パス」→「ライブラリー」の順に選択します。

java-991.gif


【8】「外部JARの追加」ボタンをクリックします。

java-992.gif


【9】「mysql-connector-java-5.1.5-bin.jar」を選択し、「開く」ボタンをクリックします。

java-993.gif

*このJARファイルがJDBCドライバです。ファイル名はバージョンにより異なります。


【10】ライブラリーにJARファイルが追加されました。「OK」ボタンをクリックします。

java-994.gif


【11】sample400 プロジェクトに、JARファイルが追加されていることが確認できます。

java-1001.gif


次はソースコードの変更です。

【12】sample400 プロジェクトの「SampleDb030.java」をJavaエディタで開きます。

java-1002.gif


【13】クラス名の「SampleDb030」をマウスで右クリックし、コンテキストメニューから「リファクタリング」→「名前変更」を選択します。

java-1003.gif


【14】ダイアログが表示されたら、新しい名前に「SampleDb040」と入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

java-1004.gif


【15】変更前と変更後のソースが表示されるので、問題がなければ「終了」ボタンをクリックします。

java-1005.gif

*変更箇所はマークが付いています。


【16】クラス名が変更されると同時に、ファイル名も変更されていることを確認してください。

java-1006.gif


【17】「PrefFrame.java」をJavaエディタで開きます。

java-1007.gif

*リファクタリング機能で、必要な箇所がすべて自動的に変更されています。


【18】「SampleDb040.java」で以下の4行を変更します。


String url = "jdbc:mysql://localhost:3306/SampleDB040";
String user = "pgtop";
String pass = "12345";

Class.forName("com.mysql.jdbc.Driver");


java-1009.gif


【19】ここまでの変更を保存してください。


次はプログラムの動作を確認しましょう。MySQLは開始している必要があります。

【20】コマンドプロンプトからMySQLを開始します。

1.コマンドプロンプトを起動します。
2.「net start mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。

java-1010.gif

これで準備OKです。


***************
これからプログラムを実行しますが注意点があります。Javaアプリケーションを実行するには、メインメソッドのあるクラスを選択してから実行します。

「PrefFrame.java」が2つのプロジェクトにあるため、必ず「sample400」プロジェクト側の「PrefFrame.java」を選択してください。

java-1019.gif

***************


【21】「PrefFrame.java」をマウスで右クリックし、コンテキストメニューから「実行」→「Javaアプリケーション」を選択します。

java-1012.gif


【22】都道府県マスターが表示されました。このデータはMySQLから取得しています。

java-1008.gif


【23】試しに「99 ハワイ」を追加してください。

java-1013.gif


【24】確認のため、MySQLに接続します。

1.「mysql -u pgtop -p -b」と入力し、「Enterキー」を押します。
2.パスワードを求められるので「12345」入力し、「Enterキー」を押します。

java-1015.gif


【25】データベースを切り替え、検索のSQL文を実行します。

USE SampleDB040;
SELECT * FROM T01Prefecture;

java-1016.gif


【26】MySQLのデータベースに、レコードが追加されていることが確認できました。

java-1017.gif


【27】MySQLは接続したまま、Javaアプリケーションから、「更新」と「削除」を行い、MySQLにデータが反映されるか確認してください。


【28】動作を確認したら、MySQLを終了・停止します。

1.「exit」と入力し、「Enterキー」を押します。
2.「net stop mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。

java-1018.gif


【29】Javaアプリケーションを終了します。


【30】Eclipse を終了します。


【解説】

「SampleDb040.java」の変更部分について

(1)「3306」はMySQLのポート番号。「SampleDB040」はデータベース名です。
String url = "jdbc:mysql://localhost:3306/SampleDB040";

(2)ユーザー名とパスワードは、MySQL初心者入門講座で設定したものです。
String user = "pgtop";
String pass = "12345";

(3)MySQL用のJDBCドライバをロードしている部分です。
Class.forName("com.mysql.jdbc.Driver");


リファクタリング機能の名前変更は、クラス名の他にもメソッド名、変数名などの変更にも威力を発揮します。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。