スポンサードリンク

Java 接続するデータベースをMySQLにする方法。

これまでJavaから接続するデータベースに Access を使用してきました。Accessは初心者でも手軽に使える便利なデータベースですが、システムの規模が大きくなると限界があります。

そこでデータベースをMySQL(マイエスキューエル)に変更してみましょう。MySQLはオープンソースのデータベースで、高速で使いやすいことが特徴です。Webアプリケーションにもよく利用されています。複数ユーザーの同時接続や、蓄積できるレコード数の多さの面でAccessより優れています。

JavaのプログラムからAccessに接続する場合は、ODBCデータソースを登録してから、JDKに標準で含まれている「JDBC-ODBCブリッジドライバ」を使いました。(Step1・ODBCデータソースの登録)

MySQLの場合は「JDBCドライバ」を使います。JDBC(Java DataBase Connectivity)はJavaのプログラムからデータベースに接続するためのAPIで、データベースごとに用意されています。MySQL用のJDBCドライバはMySQLのサイトからダウンロードすることができます。

JavaのプログラムからMySQLを使えるようにするには以下の手順が必要です。

1.MySQLの準備
2.JDBCドライバの入手

1番目のMySQLの準備については、別ページ MySQL初心者入門講座 で詳しく解説しています。

データベースの準備がまだの方は、MySQLのインストールから「Step17・バックアップから学習用の環境を構築」までを先に済ませてください。

2番目のJDBCドライバを入手する方法については次回に説明します。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ