スポンサードリンク

Java Eclipse のプロジェクト間でファイルをコピーする方法。

今回は sample302 プロジェクトに、データベースに接続する部分のクラスを準備します。既に SampleDb030.java は作成済みなのでこれを利用しましょう。

「Step5・Eclipseにインポートする方法」でも紹介した通り、ファイルをインポートすることもできますが、今回はもっと簡単にできる方法でおこなってみます。


【1】Eclipse を起動します。


【2】パッケージ・エクスプローラーで sample301 と sample302 のプロジェクトを展開します。

java-885.gif


【3】sample301 の SampleDb030.java を右クリックします。

java-886.gif


【4】「コピー」を選択します。

java-887.gif


【5】次に sample302 の pref を右クリックします。

java-888.gif


【6】「貼り付け」を選択します。

java-889.gif


【7】SampleDb030.java がコピーされました。

java-890.gif


【8】SampleDb030.java をダブルクリックして、Javaエディタで開きます。

java-891.gif


【9】package 文が自動で追加されています。

java-892.gif


【10】ワークスペースを見ると SampleDb030.java が、パッケージに合わせて階層構造に配置されています。

*「\」はWindowsではエンマークのことです。
C:\eclipse\workspace\sample302\src\pref
java-893.gif


【11】SampleDb030.java の BadSqlException クラスに警告アイコンが表示されているのでクリックします。

java-894.gif

*エラーではないため修正しなくてもプログラムは動作します。


【12】デフォルト・シリアル・バージョンIDの追加 をダブルクリックします。

java-895.gif


【13】serialVersionUID が追加されました。保存すると警告アイコンが消えます。

java-896.gif


【ヒント】
sample301 プロジェクトは「Step5・Eclipseにインポートする方法」で作成したものです。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ