スポンサードリンク

Java VisualEditorでJButtonを配置し、プロパティを設定する方法。

今回は都道府県マスターに JButton を配置しますが、少し工夫が必要です。

コンテンツペインは BorderLayout になっています。コンテンツペインの South にボタンを4つ配置したいのですが、このままでは1つしか置くことができません。

そこで South にはパネルを1つ配置し、パネルに対してボタンを複数配置することにします。パネルのレイアウトマネージャを GridLayout にして、1行4列にすることでボタンを4つ配置できます。

パネルを上手く利用すると、複数のレイアウトを組み合わせて使える点がポイントです。


【1】Eclipse を起動します。


【2】パッケージ・エクスプローラーで PrefFrame.java をダブルクリックして、Javaエディタと VisualEditor を表示します。


【3】Palette(パレット)で Swing Containers → JPanel を選択します。

java-828.gif


【4】選択状態のままマウスをウィンドウに近づけると、ガイドが表示されますので、 South の部分をクリックします。

java-829.gif


【5】パネルの名前はデフォルトのままで「OK」ボタンをクリックします。

java-830.gif


【6】Java Beans で jPanel をクリックします。

java-831.gif


【7】jPanel のプロパティビューが表示されたら、layout で GridLayout を選択します。

java-832.gif


【8】Java Beans で jPanel をマウスで右クリックし、Customize Layout を選択します。

java-833.gif


【9】Number of columns に 4 を設定します。(列数)

java-834.gif


【10】ここまでの設定が、Javaエディタにも自動的に反映されています。

java-835.gif


【11】getJContentPane() メソッドにパネルを追加する文が書かれています。

java-836.gif


【12】Palette(パレット)で Swing Components → JButton を選択します。

java-837.gif


【13】選択状態のまま Java Beans の jPanel をクリックします。

java-838.gif

*このような場合は VisualEditor より Java Beans のほうが配置しやすいです。


【14】ボタンの名前はデフォルトのままで「OK」ボタンをクリックします。

java-839.gif


【15】Java Beans にボタンが配置されました。ウィンドウにも表示されています。

java-840.gif

ボタンが横長ですが今の段階では気にしないでください。


【16】Java Beans で jButton をクリックします。

java-841.gif


【17】jButton のプロパティビューが表示されたら、text に 追加 と入力します。

java-842.gif


【18】ボタンの表示が変わりました。

java-843.gif


【19】追加のボタンと同様の手順で、更新、削除、終了ボタンを作成します。

java-844.gif


【20】終了ボタンだけ文字の色を変えます。 jButton3 のプロパティビューを表示し、foreground をクリックして設定ダイアログボックスを表示させます。

java-845.gif


【21】RGB タブで 255 0 0 と設定し、「OK」ボタンをクリックします。

java-846.gif


【22】ここまでの設定が VisualEditor に反映されています。

java-847.gif


【23】getJPanel() メソッドにはボタンを追加する文が書かれています。

java-848.gif


【24】保存してアプリケーションを実行してみます。確認したらアプリケーションを閉じます。

java-849.gif


【ワンポイント】
Java Beans をみるとコンポーネントの配置関係が一目でわかります。

java-850.gif

・this(フレーム)に jContentPane(コンテンツペイン)が配置されています。
・jContentPane に jLabel、jList、jPanel が配置されています。
・jPanel にjButton、jButton1、jButton2、jButton3 が配置されています。

以上の点を踏まえてソースコードをみると、

getJContentPane()メソッドには、jLabel、jList、jPanelに関する文があります。
java-851.gif

getJPanel()メソッドには、jButton、jButton1、jButton2、jButton3に関する文があります。
java-852.gif

これらの関係をよく把握してください。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ