スポンサードリンク

Java Eclipseから直接JavaのAPI仕様を調べる方法。

Javaの日本語ドキュメントは、Sun Microsystems 社のWebサイトでも公開されていますが、ダウンロードすることもできます。

これまで何度かAPI仕様を調べたりしましたが、いちいちブラウザからたどっていては面倒だし手間がかかります。

実は Eclipse にJavadocを設定することで、エディタからJavaの日本語ドキュメントを簡単に呼び出すことができます。

この講座の手順通り進めていれば、 C:\jdk に jdk-6-doc-ja.zip があるはずです。
java-740.gif

無い場合は先にダウンロードしてください。以下のページの Java SE 6 ドキュメント の部分です。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html


【1】Eclipse を起動します。

java-734.gif


【2】メニューから ウィンドウ → 設定 を選択します。

java-735.gif


【3】Java → インストール済みのJRE を選択します。

java-721.gif


【4】チェックされている C:\jdk\jre の JRE を選択して、「編集」ボタンをクリックします。

java-722.gif


【5】図のように選択していって、rt.jar の「Javadoc ロケーション」ボタンをクリックします。

java-723.gif


【6】「アーカイブ内のJavadoc」をチェックして、「参照」ボタンをクリックします。

java-724.gif


【7】jdk → jdk-6-doc-ja.zip を選択し、「開く」ボタンをクリックします。

java-725.gif


【8】「参照」ボタンをクリックします。

java-726.gif


【9】「api」フォルダを選択したら「OK」ボタンをクリックします。

java-727.gif


【10】アーカイブ・パスとアーカイブ内のパスが設定されたことを確認し、「検証」ボタンをクリックします。

java-728.gif


【11】メッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

java-729.gif


【12】JavaのAPI仕様がブラウザで開きました。確認したらブラウザを閉じます。

java-730.gif


【13】「OK」ボタンをクリックします。

java-731.gif


【14】Javadoc ロケーションが設定されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

java-732.gif


【15】設定のダイアログボックスでも「OK」ボタンをクリックします。

java-733.gif


これで設定完了です。次は動作を確認してみましょう。


【16】プロジェクトから Hello.java をダブルクリックします。

java-736.gif


【17】エディタが表示されました。

java-737.gif


【18】例えば print を選択し、「Shiftキー」を押しながら「F2キー」を押します。

java-738.gif


【19】メソッドの説明がブラウザで表示されました。

java-739.gif

Eclipse から直接該当する説明を表示できるので便利ですね。使い方がわからないメソッドなどがあるときに利用してください。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ