スポンサードリンク

Java はじめてのEclipseプログラミング。

Eclipse(エクリプス) の準備が整ったので、早速 Eclipse を使ったJavaプログラミングを始めます。まずは Eclipse に慣れることが大事なので、プログラムはもっとも簡単なものにしました。今回つかんで欲しいポイントは以下の通りです。

・プロジェクトの作り方
・クラスの作り方
・入力支援機能を活用する
・自動でコンパイルされること
・プログラムの実行方法
・プロジェクトごとのプロパティ
・ソースファイルとクラスファイルの保存場所

それでは実際に試してみましょう。


【1】Eclipse を起動します。この画面をワークベンチといい作業台という意味です。ワークベンチ上でプログラムの開発を行うことになります。

java-679.gif


【2】メニューから ファイル → 新規 → プロジェクト を選択します。

java-692.gif


【3】「Javaプロジェクト」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

java-693.gif


【4】プロジェクト名に sample300 と入力し、別のソース・・・ となっていることを確認したら、「次へ」ボタンをクリックします。

java-694.gif


【5】デフォルト出力フォルダを確認したら、「終了」ボタンをクリックします。

java-695.gif


【6】パッケージ・エクスプローラに、今作成したプロジェクトが表示されました。

java-696.gif

このプロジェクトの中にクラスを作ります。


【7】sample300 プロジェクトを右クリック → 新規 → クラス を選択します。

java-697.gif


【8】名前に Hello と入力し、mainメソッドにチェックして、「終了」ボタンをクリックします。

java-698.gif

*名前がクラス名になります。


【9】クラスが作成され、エディタが表示されています。クラスの骨組みや、mainメソッドが既に書かれていることに注目してください。入力の手間が省けますね。

java-699.gif


【10】sys とだけ入力します。

java-700.gif


【11】「Ctrlキー」を押しながら「スペースキー」を押すと、次に入力される候補が表示されます。

java-701.gif

*コンテンツ・アシスト(コード・アシスト)機能といいます。


【12】out を選択し、「Enterキー」を押します。マウスでダブルクリックしても同じです。

java-702.gif


【13】. (ドット)を入力すると候補が表示され、続けて p と入力すると、候補が絞り込まれますので、print(String s)を選択します。

java-703.gif


【14】引数の s が反転しています。

java-704.gif


【15】そのまま "こんにちは" と入力し、文の最後に ; を付けます。

java-705.gif


【16】ここまでの作業を「保存」しましょう。保存すると自動的にコンパイルされます。

java-706.gif


【17】メニューから 実行 → 実行 → Javaアプリケーション を選択します。

java-712.gif


【18】画面下のコンソールにプログラムを実行した結果が表示されました。コンソールはコマンドプロンプトのような役割です。

java-713.gif


【19】エディタを閉じます。

java-714.gif


【20】画面が最初の状態になりました。再度エディタを開くには、パッケージ・エクスプローラでソースコードをダブルクリックします。

java-715.gif


【21】プロジェクトを右クリックし、プロパティを選択します。

java-716.gif


【22】プロジェクトのプロパティが表示されました。この画面でプロジェクトごとの設定ができます。

java-717.gif


【23】Eclipse は終了してください。


【24】C:\eclipse にある workspace フォルダを開きます。

java-707.gif


【25】workspace フォルダの中にはプロジェクトがフォルダごとに保存されます。プロジェクトのフォルダを開いてみましょう。

java-708.gif


【26】プロジェクトの中には、bin フォルダと src フォルダがあります。

java-710.gif


【27】bin フォルダと src フォルダをそれぞれ開いてみましょう。

・bin コンパイル済みのクラスファイル
・src ソースファイル
java-711.gif

保存したときに自動的にコンパイルされ、bin フォルダの中にクラスファイルができます。


【ワンポイント】

Eclipse には、クイック・フィックスというエラー修正機能があります。

メソッドをわざと間違うと、警告アイコンが表示されるのでクリックする。
java-718.gif

修正候補が表示されるので選択する。
java-719.gif

プログラムが修正された
java-720.gif


初めて体験した Eclipse はどうでしたか?

入力支援機能により、タイプする数が減ってプログラミングが楽になった反面、Eclipse 自体の操作に戸惑ったのではないでしょうか。

でも安心してください。何度もクラスを作るうちに自然に操作は覚えられます。少し操作を覚えるだけで Eclipse を使うメリットが得られます。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ