スポンサードリンク

Java Swing版の都道府県マスターに書き換える。

今回は sample208 で作ったJava AWT 版の都道府県マスターを Swing 版に書き換えます。プログラムの変更はできるだけ少なくしました。

AWT から Swing への変更に専念してもらうため、ダイアログボックスは JOptionPane クラスを使わずに、JDialogクラスを使っています。つまりほとんどそのまま書き換えて欲しいということです。

また今後はデータの追加、更新、削除を行うプログラムを作りますが、その時に簡単な JOptionPane クラスだけでなく、JDialog クラスの使い方も知っておくと、より細かいダイアログボックスが作れて応用できるからです。


【1】sample208 フォルダをフォルダごとコピーして、sample211 フォルダを作ります。

java-533.gif


【2】今回は以下のようなファイル構成になりますので、コピーした余計なものは削除してください。

java-534.gif

*SampleDb030.class を忘れないようにしてください。


【3】PrefTest.java を以下のように変更します。

*「\」はWindowsではエンマークのことです。

保存先 C:\java\sample211
ファイル名 PrefTest.java

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;
import javax.swing.*;
import java.sql.*;

class PrefFrame extends JFrame implements ActionListener {
  Container cp;
  JLabel lb1;
  JTextArea txtar1;
  JButton btn1, btn2, btn3;
  ExitDialog dlog;
  JMenuItem mi1, mi2, mi3, mi4, mi5, mi6,mi7;

  public PrefFrame(String title) {
    //フレームのタイトル
    setTitle(title);

    //コンテンツペイン取得
    cp = getContentPane();

    //ウィンドウを閉じる時
    setDefaultCloseOperation(JFrame.DO_NOTHING_ON_CLOSE);

    addWindowListener(new WindowAdapter() {
      public void windowClosing(WindowEvent e) {
        dlog.setVisible(true);
      }
    });


    //メニューバーの生成
    JMenuBar mb = new JMenuBar();

    //メニューの生成
    JMenu mn1 = new JMenu("ファイル");
    JMenu mn2 = new JMenu("編集");
    JMenu mn3 = new JMenu("検索");

    //メニュー項目の生成
    mi1 = new JMenuItem("表示");
    mi2 = new JMenuItem("クリア");
    mi3 = new JMenuItem("終了");
    mi4 = new JMenuItem("追加");
    mi5 = new JMenuItem("更新");
    mi6 = new JMenuItem("削除");
    mi7 = new JMenuItem("検索");

    //イベントリスナーの登録
    mi1.addActionListener(this);
    mi2.addActionListener(this);
    mi3.addActionListener(this);

    //メニューへの追加
    mn1.add(mi1);
    mn1.add(mi2);
    mn1.addSeparator(); //セパレーター
    mn1.add(mi3);

    mn2.add(mi4);
    mn2.add(mi5);
    mn2.add(mi6);

    mn3.add(mi7);

    //メニューバーへの追加
    mb.add(mn1);
    mb.add(mn2);
    mb.add(mn3);

    //メニューバーをフレームへ追加
    setJMenuBar(mb);


    //ラベル
    lb1 = new JLabel("ボタンをクリックしてください。", SwingConstants.CENTER);
    lb1.setOpaque(true);
    lb1.setFont(new Font("Serif", Font.BOLD, 12));
    lb1.setBackground(Color.WHITE);
    lb1.setForeground(Color.BLUE);
    cp.add(lb1, BorderLayout.NORTH);

    //テキストエリア
    txtar1 = new JTextArea();
    txtar1.setFont(new Font("Dialog", Font.PLAIN, 14));
    txtar1.setForeground(new Color(64, 64, 64));
    cp.add(txtar1, BorderLayout.CENTER);

    //パネル
    JPanel pn1 = new JPanel();
    pn1.setLayout(new GridLayout(1, 3));

    //ボタンの設定
    btn1 = new JButton("表示");
    btn2 = new JButton("クリア");
    btn3 = new JButton("終了");

    btn3.setForeground(new Color(255, 0, 0));

    btn1.addActionListener(this);
    btn2.addActionListener(this);
    btn3.addActionListener(this);

    pn1.add(btn1);
    pn1.add(btn2);
    pn1.add(btn3);

    //パネルを追加
    cp.add(pn1, BorderLayout.SOUTH);

    //ダイアログボックス生成
    dlog = new ExitDialog(this, "プログラムを終了しますか?");

  }

  public void actionPerformed (ActionEvent e) {
    Object obj = e.getSource();
    if (obj == btn1 || obj == mi1) {
      prefDisplay();
      lb1.setText("表示しました。");
    }else if (obj == btn2 || obj == mi2) {
      txtar1.setText("");
      lb1.setText("クリアしました。");
    }else if (obj == btn3 || obj == mi3) {
      dlog.setVisible(true);
    }
  }

  private void prefDisplay () {
    try {
      //データベースに接続
      Connection con = SampleDb030.getConnection();
      //ステートメントオブジェクトを作成
      Statement stmt = con.createStatement();

      //SQL文作成
      String mySql = "select * from T01Prefecture order by PREF_CD";
      //検索するSQL実行
      ResultSet rs = stmt.executeQuery(mySql);

      StringBuffer temp  = new StringBuffer();

      //結果セットからデータを取り出す next()で次の行に移動
      while(rs.next()) {
        int prefCd = rs.getInt("PREF_CD");
        String prefName = rs.getString("PREF_NAME");
        temp.append(prefCd + "\t");
        temp.append(prefName + "\n");
      }

      txtar1.setText(temp.toString());

      //オブジェクトを解放
      rs.close();
      stmt.close();
      con.close();

    } catch (Exception e) {
      System.out.println("例外発生:" + e );
    }
  }

}


class ExitDialog extends JDialog implements ActionListener {
  Container cp;

  public ExitDialog(JFrame parent, String title) {

    //スーパークラスのコンストラクタを呼び出す
    super(parent, title);

    //コンテンツペイン取得
    cp = getContentPane();

    //ダイアログボックスを閉じる時
    addWindowListener( new WindowAdapter () {
      public void windowClosing(WindowEvent e) {
        setVisible(false);
      }
    });

    //ダイアログボックスの設定
    setLocation(320, 300);
    setSize(220, 80);
    cp.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.CENTER,10,10));
    cp.setBackground(Color.LIGHT_GRAY);

    //ボタンの設定
    JButton btnYes = new JButton("はい");
    JButton btnNo = new JButton("いいえ");

    Font f =  new Font  ("Dialog", Font.PLAIN, 14);
    btnYes.setFont (f);
    btnNo.setFont (f);
    btnYes.setForeground(new Color(255, 0, 0));

    btnYes.addActionListener(this);
    btnNo.addActionListener(this);

    cp.add(btnYes);
    cp.add(btnNo);

  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    String str = e.getActionCommand();
    if( str.equals("はい") ) {
      System.exit(0);
    } else if( str.equals("いいえ") ) {
      setVisible(false);
    }
  }

}


public class PrefTest {

  public static void main(String args[]) {
    PrefFrame frm = new PrefFrame("都道府県マスター");
    //フレームの設定
    frm.setLocation(300, 200);
    frm.setSize(250, 350);
    frm.cp.setBackground(Color.LIGHT_GRAY);
    frm.setVisible(true);
  }

}



【4】コマンドプロンプトを起動して、カレントディレクトリを sample211 に切り替えます。

java-535.gif


【5】javac PrefTest.java と入力し、コンパイルします。

java-536.gif


【6】java PrefTest と入力し、プログラムを実行します。

java-537.gif


【7】Swing 版の都道府県マスターが表示されました。

java-538.gif

*Swingでは「Metal」というデザインがデフォルトなので、概観がこれまでと少し変わっています。デザインはあとで変更できます。


【8】「表示」ボタンをクリックします。

java-539.gif


【9】データが表示されました。

java-540.gif


【10】他のボタンやメニューも、これまでと同じように動くことを確認してください。



【解説】

(1)パッケージのインポート部分です。
import java.awt.*;
import java.awt.event.*;
import javax.swing.*;
import java.sql.*;

「javax.swing.event.*;」をインポートしていない点に注目してください。Swing でもイベント処理は AWT のクラスを使います。「javax.swing.event」パッケージは Swing から追加されたコンポーネントに必要な、不足している部分を補うものなので今回は不要です。

また、Font クラスや Color クラスは Swing でも AWT のクラスを利用するので、「import java.awt.*;」が必要です。


(2)Swing では JFrame クラスを継承します。

class PrefFrame extends JFrame implements ActionListener {


(3)Swing では コンテンツペインの取得が必要です。
・フィールド変数
Container cp;

・コンストラクタ内で取得
cp = getContentPane();


(4)Swing のコンポーネントに変更しています。
Label → JLabel
TextArea → JTextArea
Button → JButton
MenuItem → JMenuItem
MenuBar → JMenuBar
Panel → JPanel

*コンポーネントのクラス名が変わるので、当然コンストラクタも変わることに注意してください。意外と忘れがちな点です。
例 JMenuBar mb = new JMenuBar();


(5)ウィンドウを閉じる時に、ハングアップしないために以下の文が必要です。
setDefaultCloseOperation(JFrame.DO_NOTHING_ON_CLOSE);


(6)メニューバーを追加するメソッドが変わります。
setMenuBar(mb); → setJMenuBar(mb);


(7)ラベルの文字の配置に使う定数が変わります。
lb1 = new JLabel("ボタンをクリックしてください。", SwingConstants.CENTER);

Label.CENTER → SwingConstants.CENTER


(8)ラベルはデフォルトで透明なので、背景色を表示するため不透明にしています。
lb1.setOpaque(true);

違いはこの一文をコメントにして実行するとわかります。そのときは再コンパイルを忘れずに。


(9)メニューバー以外のコンポーネントやパネルはコンテンツペインに対して追加します。
cp.add(txtar1, BorderLayout.CENTER);
cp.add(lb1, BorderLayout.NORTH);
cp.add(pn1, BorderLayout.SOUTH);


(10)Swingのダイアログボックスは JDialog クラスを継承します。
class ExitDialog extends JDialog implements ActionListener {


(11)SwingのデフォルトのレイアウトはBorderLayoutです。変更する場合はコンテンツペインに対して行います。
cp.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.CENTER,10,10));


(12)Swing では背景色の変更はコンテンツペインに対して行います。

・クラス内の場合
cp.setBackground(Color.LIGHT_GRAY);

・他のクラスから設定する場合はインスタンス名から指定
frm.cp.setBackground(Color.LIGHT_GRAY);


【ワンポイント】

AWT から Swingへの変更は、上記の点に注意するとそれほど難しくありません。以下に重要なポイントをもう一度まとめます。

1.コンポーネントは頭文字に「J」を付けたクラスに変更。(コンストラクタも変わる)
2.コンポーネントの追加、背景色の変更、レイアウトの変更はコンテンツペインに対して行う。
3.メソッドや定数が変わることもあるので、API仕様でクラスを調べることも大事。

API仕様でクラスを調べる場合は、そのクラスのスーパークラスに遡って調べなければ、目的の定数やメソッドが見つからないこともありますので、覚えておいてください。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ