スポンサードリンク

Java ODBCデータソースを登録する。

Javaで利用できるJDBCドライバにはいくつかタイプがあります。

・Type1 JDBC-ODBC ブリッジドライバ
・Type2 Native ブリッジドライバ
・Type3 ネットプロトコルドライバ
・Type4 ネイティブプロトコルドライバ

今回はJDKに標準で含まれている「JDBC-ODBCブリッジドライバ」を使います。このドライバはJDBCからの要求をODBCを経由してデータベースへアクセスしますので、先にODBCデータソースを登録する必要があります。

ODBC(Open Database Connectivity)とは、Microsoft社によって提唱された、データベースにアクセスするためのAPIです。データベースへのアクセスを統一する働きがあります。

データベースの準備がまだの方は、以下のリンクからAccessのファイルをダウンロードし、解凍したファイルをCドライブの直下に配置してから、ODBCデータソースの登録へと進んでください。
SampleDB030.zip


【1】スタートメニューからコントロールパネルを開き、「管理ツール」を開きます。

java-320.gif

コントロールパネルが以下のようになっている時は、「クラシック表示に切り替える」をクリックすると管理ツールが表示されます。
java-322.gif


【2】データソース(ODBC)を開きます。

java-321.gif


【3】「追加」をクリックします。

java-323.gif


【4】「Microsoft Access Driver (*.mdb)」を選択し、「完了」をクリックします。

java-324.gif


【5】データソース名に「SampleDB030」と入力します。

java-325.gif

*このデータソース名をJavaプログラムの中で使います。


【6】データベースの「選択」をクリックします。

java-326.gif


【7】「c:\」を選択し、「SampleDB030.mdb」を選択したら、「OK」をクリックします。

java-328.gif


【8】データベースに「C:\SampleDB030.mdb」が選択されていることを確認したら、「OK」をクリックします。

java-329.gif


【9】ユーザーデータソースに「SampleDB030」が追加されたのを確認したら、「OK」をクリックします。

java-330.gif


【10】管理ツールを閉じます。

java-331.gif


以上でODBCデータソースの登録が完了しました。これでJavaからAccessが操作できるようになりました。このデータベースには「SampleDB030」という名前でアクセスします。ODBCデータソースはいくつも登録することができます。


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ