スポンサードリンク

Java テキストエディタTeraPadをダウンロードする。

JavaのソースコードはWindowsに付属しているメモ帳でも書けますが、TeraPadというテキストエディタを使うと便利です。まず画面を比較してみてください。

メモ帳を使った場合
java-88.gif


TeraPadを使った場合
java-89.gif


TeraPadは行番号を表示できるので、エラーが起こった時に行を探しやすいです。またJavaの編集モードがあるので、Javaの予約語が太く表示されすぐにわかります。

TAB、空白、改行、[EOF]のマーク表示が表示できるのも助かります。Javaのプログラミングでは文字列以外の部分で、全角の空白を使ったためにエラーになることがありますが、気付きにくい間違いです。TeraPadでは全角と半角の空白が一目でわかります。

文字コードや改行コードを指定して保存したり、読み込んだりできるのも便利です。他にもTeraPadには、メモ帳より便利な機能がたくさんありますのでおすすめします。


【1】TeraPadは以下のURLからダウンロードできます。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html


【2】TeraPadをダウンロードしてインストールしたら、以下の図を参考にTeraPadのオプションを設定してください。自分で使いやすいように設定してかまいません。

java-90.gif


java-91.gif


java-92.gif


java-93.gif


スポンサードリンク






Java初心者入門講座TOPへ